WorkXplore - Bounding boxWorkXplore - Curvature AnalysisWorkXplore - Draft Angle VisualizaionWorkXplore - Curvature Analysis

形状検証

WorkXploreの優れた形状検証機能

WorkXplore形状検証機能は、形状断面表示や半径表示などを加工方案の検討に使用できるだけでなく、形状のサイズからコスト算出する機能もサポートしているので、見積工程でも使用でき営業ツールとしても活用することが可能です。
 
また、WorkXploreは、通常高価なCADにしか搭載されていないさまざまな形状検証機能が搭載されています。さらに、大きいモデルの場合でも、高速かつ効率的に機能するだけでなく、非常に使いやすく新旧のCAD形状を自動比較した結果は、3Dモデル上で変更部を異なる色で明確に表示します。また、1回のクリックで、差分値のラベルがサーフェスに自動的に挿入され、さまざまな計算結果から正確な値が表示されます。
 
ビデオをご覧になるにはこちらをクリックしてください。
 
機能一覧:

ダイナミック断面表示機能は、部品または複雑なアセンブリ形状の断面を表示、内部を簡単かつ正確に把握することができます。断面コントローラーを使用すれば、マウスを回転方向や移動方向、またはガイドカーブに沿って移動することで、断面をダイナミックにコントロールできます。断面図は、3Dモデルで表示したり、単独要素として表示したりすることができます。また、断面のカーブを作成して、DXF、IGESデータとして出力することもできます。

形状のバンダリーボックスは簡単に作成可能です。加工に必要な素材形状の寸法をワンクリックで表示し、材質の密度や単価を設定しておくことで、素材重量と素材コストを算出します。この機能を使用して、製造に必要な最適な素材形状を決定できます。

オブジェクトやサーフェスの情報など、正確な測定情報が提供されます。また、体積と面積を迅速に計算できます。オブジェクト名、構成要素、面数などの補足情報も提供されます。

ドラフト角とアンダーカットの計算と表示は、非常に大きな形状でも、高速に実行されます。WorkXploreは、角度ごとに形状を色分けして表示します。また、クリックして特定部分の角度表示を形状に配置することも可能です。マウスをサーフェス上で移動すると、ドラフト角の正確な値がカーソル上に表示され、その値を3Dモデル内に配置することもできます。金型設計前の事前検討にご活用ください。

半径検証は、素早くコストと生産時間の見積りを算出し、加工に使用する工具選定を簡単に行うことができる優れたツールです。指定したRや平面部を色分け表示したり、任意の位置のR値を表示したりすることも可能です。WorkXploreを使用すると、ユーザー様は、凹面半径、凸面半径、またはその両方を表示することができます。

新しい検証機能では、モデルの表面の種類(平面、シリンダー、円錐、トーラス、NURBS)を検証することが可能です。

自動形状比較機能は、新旧のCAD形状を自動比較し、変更部は追加・除去と明確に色分け表示されます。
モデルをクリックするだけで、新旧形状の寸法差を数値表示することも可能です。

3D形状を平面上に投影し、表示面積を示すオブジェクト作成のための3Dモデル投影機能です。

エッジ検証は、モデルのシャープ、接線エッジを識別して検証することを可能にします。

肉厚検証機能は、機械部品上の板厚限界ゾーンを強調するために使用できます。色表示やグラデーション表示により板厚の分布を確認できます。検証の迅速性と 表示精度を設定する3つの精度レベルがあります。ユーザー様は、モデル上をクリックして、特定のポイントでの肉厚の値を得ることが可能です。

この機能は面の境界やエッジを解析しカーブを抽出することが可能で、 表示されたエンティティのみが抽出されます。 結果は、現在のレイヤーに保存するか、自動的に新しいレイヤーに保存することができます。機能がアクティブになると、ユーザー様はモデルのエッジを選択し て、それらの詳細な情報を取得することができます。 エッジの色は接線値によって異なります。 また、接線も表示可能です。


利用可能な機能の詳細情報については、お問い合わせください。