WorkXplore - CollaborationWorkXplore - Client Viewer

クライアントビューワ

WorkXploreの軽量なスタンドアロンアプリケーションで他部署とのコラボレーションを容易に実現

WorkXploreは、製品マネージャー、マーケティング、営業、外部の製造コンサルタント、取引先、サプライヤーなどに関係なく、すべての設計製造部門で、プロジェクトメンバーとCADモデルを簡単に共有できます。
 
 
データフォーマットの互換性やパートナーが使用しているソフトウェアに関係なく、データや情報の共有が可能になりました!

また、WorkXploreを使用すれば、独立したソフトウェアで起動する「WorkXploreクライアントビューワ」形式で保存し、3D パーツやアセンブリを協力業者、取引先、同僚などに送信できます。このファイル形式は非常に軽量でE-mailでの送信も可能です。受信者は、元のCADデータがなくても、受信した 3D モデルの表示と操作を直ちに実行できます。
 
また、パスワードを適用して、利用可能なユーザーだけがデータにアクセスできるようにすることもできます。
 
 
「クライアントビューワ」の改善
 
クライアントビューワでは4つの主要機能の改善がされており、WorkXploreで表示されるアセンブリツリー構造をクライアントビューワで表示できるようになりました。ラベルは、エンドユーザー様が新しい注釈機能として追加することができます。テキストを定義した後、ラベルは表示エリアをクリックするだけで作成されます。ラベルは表示エリアに自由に配置できます。 2つの新しいボタンが測定値リストに追加されました。これにより、リストのすべての測定値を削除でき、選択したラベルのテキストを変更することができます。 クライアントビューワで、測定に使用されるアンカーポイントは、モデルエッジの端部と中間点に配置できるようになりました。

利用可能なコマンドや全ての機能情報については、お問い合わせください。