WORKXPLORE - animation engine
WORKXPLORE - improvements WORKXPLORE - surface patching

WORKXPLORE 2016 R1- New!!!
 

アニメーション機能

他に類をみないアニメーションエンジンが、アニメーション作成プロセスを簡単にし、リアルなアニメーション動作の作成を可能にします。また、ポジションの数にとどまらず、時間軸によりパーツのアニメーション作成が可能となります。パーツまたはパーツのグループによるさまざまな動作を定義することができ、シンプルな個々の動作や、結合された動作セットとして作成されます。これにより、アセンブリ内のすべての動作を検証し、例えば、干渉が検出されないかなど、正しいアセンブリを作成するために、組み立てマニュアルと併せて使用することが可能です。

エンティティ要素表示・検索

CADファイル内に存在している全てのエンティティ(モデルとワイヤーフレームの両方)がアセンブリツリー構造で表示されます。
エンティティ名に基づいてアセンブリツリー検索機能も使用可能です。また、ワイルドカード(*アスタリスク)を使用した検索もサポートされています。
これにより、容易にエンティティ管理ができるだけでなく、検索・グループ化・分類などの操作が可能になります。

サーフェスパッチ

ファイルをインポートした際に、パーツの一部サーフェスが欠落してしまい、パーツを解析した際に問題に気付くことがあります。サーフェスパッチ機能では、この問題を解決することができます。輪郭カーブやサーフェスエッジを使用して、既存のサーフェスから接線維持したサーフェスパッチを作成することが可能です。ガイドカーブを使用することで、サーフェスのコントロールができ、意図するサーフェスパッチを作成することが可能となります。
 
その他機能

WORKXPLOREは、購買・見積もり部門、デザイン部門、マーケティング部門などで幅広く柔軟にご使用いただけるシステムです。

-    フェースエリア解析
-    パーツリスト作成
-    断面表示の断面線幅変更、塗りつぶし断面表示
-    リンクカーブ作成
-    ドングルを使用したライセンス管理
-    他

評価版リクエストはこちらから