WorkXplore - MeasurementsWorkXplore - Measurements on dynamic sectionWorkXplore - Control based on point clustersWorkXplore - Control based on point clusters

測定

WorkXploreは、2Dおよび3D測定機能の広範囲に対応

CADの熟練者でなくても、事前選択モード(ポイント、2D要素、平面、サーフェスなど)を使用すれば、測定機能を使用して、適切な結果を得ることができます。
 
測定機能:
座標値、ポイント間距離、ポイントスナップ機能、平面間およびサーフェス間の距離、多彩な平面選択コマンド、任意のサーフェス グループ間の最短距離、角度測定、自動または3点による半径/直径の測定、手動または自動による測定値ラベル挿入、プローブの半径を使用したコントロールポイントデータを作成できます。
 
WorkXploreの測定機能を使用すれば、3次元測定機またはプローブ装置からのポイントデータを復元したり、元のCAD形状に対してデータをすばやく比較したりできます。またユーザーは、3次元測定装置で使用するための測定ポイントのデータを作成することができます。
 
測定値(点座標、角度、距離、半径など)は自由に再配置することができ、異なるフォーマットで表示することが可能です。
 
測定の結果は、測定のコンテキストメニューからコピーコマンドを選択し、クリップボードにコピーすることができます。

点、距離、半径と角度の測定機能は、次の2つの新しい機能に置き換えられました。“ 1要素選択で測定”コマンドと“2要素間の測定”のコマンドです。 ユーザー様は、作成したい測定タイプを明確に指定する必要はなく、測定結果が欲しい要素を単に選択するだけで測定可能です。 自動モードは、ユーザー様のご要望の大半をカバーしていますが、選択する要素に対して測定モードを制限するために、ポイントまたは平面オプションのように特定のモードを強制し測定することも可能です。
利用可能な機能の詳細情報については、お問い合わせください。