WorkXplore - PublicationWorkXplore - Scene 1

スクリーン

WorkXploreは、事前定義されたスクリーンの作成が可能

スクリーン機能は、専門知識を持つ担当者が情報を登録し、それをCADの熟練者ではないスタッフでも簡単に閲覧可能で、スタッフ間のコミュニケーションツールとして活用できる重要なツールです。 
 
事前定義されたスクリーンは、ソフトウェア内で作成・保存されます。これらのスクリーンの構成(コンフィギュレーション)、配向、ビューは、関連する注釈寸法ラベルと一緒にロックされた状態で保存されます。

ユーザー様は、スクリーンの作成者が意図する構成(コンフィギュレーション)を簡単に見つけ、スクリーン間を切り替え表示することができます。

利用可能な機能については、こちらへお問い合わせください。